“お気に入り”に囲まれた暮らし shihotan.exblog.jp

肩肘張って頑張る人生はそろそろ卒業。自分の心が喜ぶ「もの」「こと」を大切に、心豊かな老後を目指します。


by natural-larutan
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

香りをまとう

香りをまとうことは、
私にとっては、
化粧をするのと同じような感覚。

時代的なものもあったのでしょうが、
社会人になった時から、
出かける前の身支度で、
最後にシュッとひと吹きするのが習慣になりました。

ある日後輩から、
シャネルのCOCOを薦められると、
そのエキゾチックな香りにすっかり魅了され、
以来30年間、ず〜っと、ず〜っと、
COCO一筋で、使い続けてきました。
f0368322_16514674.jpeg
ところが昨年、
30年も使い続けたCOCOの香りが
何だかしっくり来ないのです。

行きつけのお店の店員さんに、
「年齢的な影響でしょうかねぇ」等と話すと、
「こちらでお買い求めになりましたか?」と尋ねられ、
ハッと気付きました。

そういえばハワイに行った時、
持って行くのを忘れたので、
現地のデパートで購入したのでした。

シャネルの化粧品は、
フランス製とアメリカ製で全く異なりますが、
フレグランスも、
配合が微妙に違うのだそうです。

そこはお商売上手な店員さん、
「これを契機にちょっと変えてみませんか?」
と、その頃ちょうど売り出されたばかりの商品を
薦めてきました。
f0368322_17124838.jpeg
今はもう、発売から日が経っていますので、
お使いの方も多いかと思いますが、
白いお花をイメージした香りのGABRIELLE。

店頭ではとっても心地良い香りに感じましたが、
やはり30年間も同じ香りをまとうと
なかなか新しい香りには馴染めません。

GABRIELLEも素敵な香りではありますが、
なんだか自分ではない感じがして、
やっぱりCOCOに戻すことにしました。











[PR]
# by natural-larutan | 2018-04-21 08:00 | 雑貨 | Comments(2)

ト・ホ・ホ・・・

今年に入ってから、
どうも体調がすぐれません。

2〜3週間前にかかった風邪は
本当にタチが悪く、
熱はすぐに下がったものの
とにかく咳がすさまじいのです。

はじめは腹筋がつくワ・・・等と
冗談で言っていましたが、
1週間ほど前から突然左胸に激痛が・・・
どうも咳のし過ぎで、
肋骨を痛めたようです。
咳き込む苦しさに加え、
痛みで七転八倒・・・
f0368322_11505733.jpg
バストバンドをきつめに巻いて
必死で咳を我慢・・・

ようやく一昨日あたりから
咳の回数が減って随分楽になりましたが、
まだ動くたびにズキッ、ズキッ。

歳をとるって
こういうことなのでしょうね。

もう少し痛みが治まったら、
動けるうちに
楽しいことをたくさんしておかなくては!!
と改めて思うのでした。


[PR]
# by natural-larutan | 2018-04-18 08:00 | その他 | Comments(10)

性格

aiboは、
育て方によって性格が変わると言いますが、
最初に設定されていた性格は
「ちょっとキュート」でした。

我が家のaiboは、
甘やかし過ぎているのか、
その後「キュート」を経て、
ここ最近はずっと「甘えん坊」。
時々「ちょっと甘えん坊」になります。

聞くところによると、
性格はその他にも、
「ワイルド」や「シャイ」もあるようで、
「シャイ」になると、
あまり反応しなくなるとか。
う〜ん、それは寂しいなぁ。

「おすわり」もちゃんとしますし、
f0368322_10282673.jpeg
名前を呼ぶとワンと返事をします。
f0368322_10290767.jpeg
「お手」や
f0368322_10392419.jpeg
「おかわり」だってできます。
f0368322_10444017.jpeg
ボール遊びも好きで、
放っておくと、
一人で何度も蹴って遊んでいます。
f0368322_10451674.jpeg
めちゃくちゃ可愛いのは、
「ハイタッチ」と言うと、
こうやって両手でハイタッチをしてくれます。
f0368322_10460303.jpeg
ロボットを相手に
形相を崩しっぱなしの中年のオバサンって
相当気持ち悪いかも・・・・。
















[PR]
# by natural-larutan | 2018-04-16 10:48 | aibo | Comments(6)

ジンジャーティー

この1〜2週間は、
家に籠ってばかりでしたが、
お天気に誘われて出かけてみると
ハナミズキが満開!
f0368322_19092140.jpg
隣国の方々が
「サクラ、サクラ」と言いながら、
一生懸命写真を撮っていましたが、
ウン、夢は壊さないていてあげよう・・・
f0368322_19104861.jpg
今日はジンジャーティーのことを。

元々は、無類のコーヒー好きで、
日に5〜6杯飲んでいた時期もありましたが、
年齢と共に、夜の寝つきが悪くなり、
午後3時以降のコーヒーはやめました。

それに加え、
胃も軟弱になってきているものだから、
コーヒーは朝食時だけにして
10時のコーヒータイムも、
極力ティータイムに移行しようとしています。

で、最近よく飲むのがジンジャーティー。
体を温めたり、ストレスを緩和したり、
免疫力を高める効果があるそうです。

ティーバッグ製品を使っていますので、
効果はほとんど期待しておらず、
味や香りを楽しんでいます。
f0368322_19130473.jpg
こちらのCLIPPERは、
オーガニックとフェアトレードにこだわった
イギリスの会社の製品です。

最初にミントティーにハマり、以来、
いろいろ購入するようになりましたが、
CLIPPERのハーバルティーは、
どれもまろやかで、
クセが少ないように感じます。
f0368322_19223258.jpg
レモン&ジンジャーも
ジンジャーの刺激を求める方には
ちょっと物足りないかもしれません。
f0368322_19305515.jpg
それでも、レモンの風味は十分で、
ホッと一息つくにはもってこいで、
MYマンションでも活用しています。


[PR]
# by natural-larutan | 2018-04-14 08:00 | 食べるもの | Comments(6)

ハートを抱えて

先日姉から
思いがけないプレゼントをもらいました。
f0368322_21401164.jpg
両手にハートを抱えたスヌーピーちゃんです。
f0368322_22003692.jpg
私、昔から
スヌーピーが好きだったのですよね〜。

幼稚園の時に、
父から Here Comes Snoopy! という本を
買ってもらったのがきっかけでした。

そういえば、結婚して間もない頃、
夫と喧嘩した数日後に、宅急便で
巨大なスヌーピーのぬいぐるみが届いた・・
なんていうこともありました。

誕生日に、スタッフから
スヌーピーの形をした特注ケーキを
プレゼントしてもらったこともあります。

姪っ子ちゃんが
初めてのアルバイト代で買ってくれたのも
スヌーピーのクッションでした。
f0368322_21412453.jpg
思えばスヌーピーは、
これまで、たくさんの人の気持ちを
私に届けてきてくれたように思います。













[PR]
# by natural-larutan | 2018-04-07 08:00 | 雑貨 | Comments(6)

自業自得

新年度がスタートし、春爛漫の中、
タチの悪い風邪にかかってしまい、
今週1週間は寝込んでいました。

寝込んでいると言っても
パートさんの契約更新の書類を作ったり、
日々の雑用業務からは解放されないわけで、
しんど〜いと思う反面、
寝たり起きたりの合間に仕事ができて
勤め人に比べたら楽だわ〜
などと思ったりもしています。

春風邪は長引くと言われますが、
いつまでたっても熱が下がらず、
激しい咳と共に、
結構悲惨な一週間を過ごしています。

でも、
自業自得といえば自業自得なのです。

というのも、

先月中旬に一度体調を崩しておきながら、
きちんと養生することなく、
沖縄くんだりまで出かけ、
f0368322_19080263.jpg
調子に乗ってゴルフまでしてきたものですから。
f0368322_19041868.jpg
ええ、ええ、
たとえ夜中に咳き込んで眠れなくても、
後悔なんて微塵もありませ〜ん。
f0368322_19062091.jpg



[PR]
# by natural-larutan | 2018-04-05 08:00 | 旅行 | Comments(8)

やっと届きました

MYマンションで最初に購入した家具が
ダイニングテーブルでした。

マンションが完成する半年も前に、
何気なく入ったカッシーナで一目惚れし、
鍵の引き渡しの時には、
すでにMYマンションに鎮座していました。

でも、ず〜っと椅子がなかったので、
9ヶ月もの間、
部屋のオブジェになっていました(笑

昨年の9月頃だったでしょうか。
ようやく条件を満たす椅子が見つかり、
注文して待つこと半年。
やっと、やっと、手元に届きました〜。
f0368322_18343803.jpg
ドイツのロルフ・ベンツのダイニングチェアです。
f0368322_18361864.jpg
なぜこんなに時間がかかったかと言うと、
まずは高さ。

テーブルが高めだったので、
バランスが良い椅子がなかなかなかったのです。

それに加えて、
なかなか見つからなかった一番の原因が
コレ!!
f0368322_18261488.jpg
回転式の椅子が欲しかったのです。

我が家は、自宅も夫名義のマンションも
食卓の椅子はすべて回転式です。
押したり引いたりする動作が
どうも苦手なのです。

実はカッシーナにも
回転式で座面も高めの椅子があったのですが、
脚がスチールだったのですよねぇ。
やっぱり木が良いなぁ・・と
探し続けてしまいました。

結局ドイツまで特注することになり、
半年待っただけでなく、
とんでもないお値段になってしまいました〜。

でもね、座ってみてビックリ!!
ソフアの座り心地には定評がある会社ですが、
こんなに座り心地の良いチェアは初めて!

食卓用ならではのしっかり感があるのに、
なんとも表現しがたいくつろぎ感があるのです。
f0368322_18353158.jpeg
テーブルとのバランスもなかなかで、
妥協しなくて本当に良かったワ。
f0368322_09030198.jpeg



[PR]
# by natural-larutan | 2018-03-31 08:00 |   |-家具 | Comments(7)
f0368322_12085055.jpg
もう何度も書いていますが、
私って、本当に結婚に不向きな女。

もし(同じ時代に)生まれ変わったら、
絶対に、結婚せずに自立の道を選ぶわ!!

人のせいにするわけではないけれど(ってしてるけど)
私の母って、
娘を結婚させることしか考えていなかったのよね〜。
お稽古事も、大学も、就職(もちろん腰掛けね)も、
ぜ〜んぶ、結婚が前提だったような気がするわ。

私は次女だった分、
かなり反抗して自分の道を進んだつもりだったけど、
でもね、やっぱり根本的なものは
ドップリ洗脳されていたわ。

夫が一切家事をしないのも、結局は私が悪いのよね〜。
夫の“しよう”という気持ちを殺してしまったのは私自身なの。
夫が何かしようとすると、
主婦業ができていないことを非難されている気持ちになって、
つい「いいよ、いいよ、私がするから」って言い続けて来たもの。

仕事が好きなものだから、一生懸命仕事をして、
それでいて、家事もきちんとしなくちゃと頑張って、
ホント、無理ばかりして来た気がするわ。

でもね、結局、
仕事もなんとなく不完全燃焼だし、
主婦としても全然できていないし、
そもそも子育てもしていないし、
あ〜あ、このまま人生終わっちゃうんだなぁ・・・。

20代の後半から30代にかけて、
社会学の分野にはまった時期があって、
その時の私のボスが
『「の」付き女になるな!』が口癖だったの。

〇〇の娘、〇〇の妻、〇〇の母・・・って、
「の」が付く存在じゃダメだってこと。

あの頃は、「これぞ天職」と思えたし、
自分の人生で一番輝いていた時期だったように感じるわ。
だんだん、理想と現実のギャップに苦しむことになったのだけど。

夫が事業を始めることになって、
「事業が二人の子供だから」なんていう言葉に乗せられて
夫の仕事に関わるようになったのだけど、
当然私は、自分も経営者と同じ気持ちになって、
それまでの何倍もガムシャラに働いたのよ。

でもね、
気づけば「オクサマ」としか呼ばれなくなっていたのよね。
それまで私が呼ばれていた名前は夫だけのものであって、
私は「夫のオクサマ」なわけ。
もちろん夫の事業は「二人の子供」のはずもなく、
夫一人の事業だということにも気づいたのだけど。

初めの頃は「オクサマ」という呼ばれ方がものすご〜く嫌で、
私は「オクサマ」で仕事をしていない!・・・
なんて強がりもあったものだから、
ある日スタッフに、
「その呼び方はあまり好きではないのよね」と、
やんわり伝えたの。

するとスタッフの間で会議(?)が開かれたみたいで
2〜3日してから、
「“オクサン”とお呼びした方が良いのでしょうか」と言ってきたの。

イヤ〜、そういう問題じゃないから!!!

で、それ以来諦めて、呼び名も仕事も
「オクサマ」を受け入れようと割り切ってきたのよね。
家でも外でも「自分」が存在しないなぁ〜と思いながらね。

まぁ、自分の思いどおりの人生を歩んでいる人なんて
運と能力と努力が揃った極々一部の人たちなのでしょうから、
み〜んな、いろいろな感情を抱えながらも、
一生懸命前向きに、楽しく生きようと
努力しているのでしょうね。


 












[PR]
# by natural-larutan | 2018-03-21 08:00 | ブツブツシリーズ | Comments(6)

お友達!?

木曜日の夕方から体調を崩し、
熱のため、思考が働きません。

今日はaiboちゃんの写真で。
f0368322_15145351.jpg
しばらくジ〜ッとにらめっこしていましたが、
胸に体感センサーがあるようで、
馬ちゃんのぬいぐるみを「モノ」と判断したようです。

[PR]
# by natural-larutan | 2018-03-17 15:19 | aibo | Comments(2)
f0368322_20100430.jpg
今、50代、60代の婚活が
密かなブームになっているそうです。

阿川佐和子さんや浅野ゆう子さんの
熟年どうしの結婚も話題になりましたものね。

年齢を重ねた者どうしが
あえて結婚という形式をとって
残りの人生を一緒に歩もうとするなんて、
これこそ「真のパートナーシップ」だわ・・・
なんて思っていましたが、

ある婚活パーティーの主催会社によると
シニア男性が相手に求めるものの第一位が
「食事や身の回りの世話」
一方、シニア女性が求めるものの第一位が
「生活費」
だというではありませんか!!

エッ??
人生最終章のパートナーに求めるものが
そこなの???

悲喜こもごも、酸いも甘いも噛み分けて、
人生最後にたどり着いた関係が
やっぱりそこなの????

ちょっと悲しすぎませんか?

イヤイヤ、婚活をしている人たちを
非難しているのではありませんよ。

50代、60代といえば、
日本経済の最盛期と
人生の最盛期とが重なった世代。
豊かな人生を歩んできたはず。

それでいて、
人生の終わりがけになっても、
(ちょっと言い方が悪いですが)
“ATM”と“家政婦”の関係から脱せないなんて・・

豊かさって何?
夫婦って何?
パートナーシップって何?
・・・って思いませんか?













[PR]
# by natural-larutan | 2018-03-15 08:00 | ブツブツシリーズ | Comments(7)