上質な暮らし:厳選した“お気に入り”に囲まれた暮らし shihotan.exblog.jp

肩肘張って頑張る人生はそろそろ卒業。自分の心が喜ぶ「もの」「こと」を大切に、心豊かな老後を目指します。


by natural-larutan
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

春物購入♪

空気がまだひんやりしていて、
桜の開花はボチボチペースですが、
ふと見渡せば、
菜の花、モクレン、ハナミズキ・・・と、
冬の間は寂しげだった田舎の風景も
色とりどりの花々で彩られています。

店先からも、冬物はすっかり姿を消し、
軽やかな春物が並んでいますね。
この時期って、
見るものすべてが目新しく感じて、
気持ちはすっかり春〜♪

今回購入したのは
こちらのワンピースとサンダル。
f0368322_09161784.jpg
またまた大好きなフェラガモちゃんです。
もちろん今回もじっくり検討し、
クーリングの期間をおいての購入です。

歳を重ねての黒はイタイ等と言われますが、
明るい色のはおりもので
変化をつけたいと思います。
f0368322_09171564.jpg
相変わらず、細やかな部分がオシャレ。
ニット素材なので、
旅先でも活躍してくれそうです。

私、旅先でも、
スカート姿をつらぬいています。

中高年の日本人観光客って
ヨーロッパの素敵なカフェに入っても、
バケツ型の帽子にウォーキングシューズ・・・
ダボっとした上着にストレッチパンツ・・・
首巻きにポシェット・・・
そういう姿が多いですよね。

ですので、ちょっとした抵抗心なのかも(笑






[PR]
# by natural-larutan | 2017-03-25 10:12 | 着るもの | Comments(0)

海を眺めに

ボ〜ッと
海を眺めている時間が好きです。

夜明けの海も、夕暮れの海も・・・
真っ青な海も、どんよりした海も・・・
穏やかな海も、波立つ海も・・・

ただただ、ボ〜ッと眺めているだけで、
身体の中の汚れが、すべて洗い流され、
人間として初期化されるような
そんな気がします。

年度決算の仕事も完了したので、
海を眺めに、グアムに行ってきました。

2年ぶりに訪れたグアムは、
噂どおり、
すっかり客層が変わってしまい、
どこに行っても、韓国からの若者と、
日本からのリタイア組ばかり(笑

それでも、
グアムの海は相変わらず透明で美しく
癒しの時間を与えてもらいました。
f0368322_09060071.jpg
前半は、グアムの定宿ヒルトンプレミアムタワーの
f0368322_01311606.jpg
お気に入りのこちらの部屋。
f0368322_01261951.jpg
コーヒー片手に、
テラスから、この風景を眺めながら、
読書をするのが幸せ♪
f0368322_01320847.jpg
今回は後半に、
新しくできたデュシタニにも泊まってみました。

こちらのホテルは初めてでしたが、
私にはちょっと賑やか過ぎました。


[PR]
# by natural-larutan | 2017-03-18 09:17 | 旅行 | Comments(2)

旅行大好き!!

幼少期をアメリカで過ごしたこともあり、
「故郷」という感覚を知らない代わりに、
「旅」をとても身近な存在に感じてきました。

仕事が大変だった時期は、
毎晩ベッドの中で、
旅行パンフレットやガイド本を見ながら、
妄想の旅をすることで
癒しを得ていました。

若い頃には、ユースホステルを
泊まり歩いたこともあります。
しかし、年齢や社会経験を重ねてくると、
旅に求めるものや、旅行のスタイルも
かなり変化してきました。

例えば、JR九州の
クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」。
3泊4日の旅に参加しましたが、
これは、年齢を重ねたからこそ楽しめるスタイルでした。
f0368322_08402878.jpg
もともと、ツアー等の団体旅行は大の苦手。
ところが、これはツアーであって
ツアーを感じさせないツアー!?なのです。
個別対応が行き届いていて、
他の客の存在を感じさせません。

それでいて、
個人旅行では経験できない場所に入場できたり、
普段聞くことができない専門家の話が聞けたりと、
個人旅行とは規模の違いを感じさせます。
f0368322_08432145.jpg
初めは“馬鹿げている”とさえ感じたお値段も、
終わってみると、
それだけの経験をさせてもらったと、
十分納得していました。
f0368322_08421789.jpg
列車空間の居心地の良さだけでなく、
一つ一つの企画の素晴らしさ、
乗務員のプロ意識などなど・・・
全てにおいて、
乗客を主体に考えられたツアーでした。

[PR]
# by natural-larutan | 2017-03-11 08:55 | 旅行 | Comments(4)

無になれる時間

「お花を見て怒る人はいない」
若い頃に習っていた生け花の先生が
よくおっしゃっていた言葉です。

10年ほど前からは、
ヨーロピアンスタイルの
アレンジメントに興味が移りましたが、
どのようなスタイルであれ、
お花って、触っているだけで、
たくさんのエネルギーを与えてくれます。

同じ種類のお花であっても、
1本1本に個性があって、
表情が異なるのですよね。
f0368322_09432749.jpeg
ベタベタの基本形ですが、
春色のお花を使って・・・。

お花と向き合っている時間は、
日常のすべてを忘れ、
自分自身の存在さえ忘れ、
ただただ「無」になれます。

2〜3年前には、生花で作る
ハワイアンレイに出会いました。
f0368322_09442038.jpeg
アレンジメントが
「技巧」の先に存在するのに対して、
(・・・と勝手に思っていますが)
土に還るものだけを使って、
単調かつ素朴な手法で編み上げていくレイって、
花遊びの原点のように感じます。
(・・・と、これまた勝手に思っています)

子供の頃、
レンゲやマーガレットの花で、
首飾りを作った時のような
そういう無垢な感覚が
フッと蘇る気がするのです。

[PR]
# by natural-larutan | 2017-03-04 09:51 | 趣味 | Comments(0)

フェイラーのハンカチ

最近の若い方たちは、
ハンカチを持ち歩かない人が多いそうですね。

確かに、ハンドドライヤーの普及で、
手拭きとしての出番は少なくなりました。

でも、世代の違いなのでしょうね。
何かの時の備えとして、はたまた、
汗を拭ったり(汗をかきやすいお年頃!?)
なくしそうなものを包んだり、
ちょっと腰掛ける時に敷いたり・・・と、
やはり私にとってハンカチって、
バッグの中の絶対必需品です。

いつ頃からか定かではありませんが、
手持ちのハンカチがほとんど、
フェイラーに代わってしまいました。
f0368322_10030022.jpg
シュニール織りの特徴でもある
ソフトな質感と抜群の吸収性に加え、
色や柄が豊富で、
しかも美しいのが魅力です。
f0368322_10035093.jpg
カジュアルな場では、
こういうので遊んでも楽しいし、
f0368322_10093349.jpg
こういうのであれば、
ある程度のきちんと感もあるし・・・
冠婚葬祭以外であれば、
どんな場面でも合わせられるのが嬉しいです。

目的や服装に応じて、
ハンカチまでコーディネートするのが
結構楽しかったりもします。

そのうえ、とっても丈夫なのもお気に入り。
干す時に、少し形を整えるだけで、
普通に洗濯機で洗えますし、
ローテーションしながら使うと、
5年といわず、10年くらいは使えます。

新しいものは、お出かけ用に。
少しへこたれてきたら、普段使いに。
そして、いよいよとなれば、靴磨きとして。
最後の最後まで、大活躍してくれています。


[PR]
# by natural-larutan | 2017-02-25 10:17 | 小物 | Comments(0)