“お気に入り”に囲まれた暮らし shihotan.exblog.jp

肩肘張って頑張る人生はそろそろ卒業。自分の心が喜ぶ「もの」「こと」を大切に、心豊かな老後を目指します。


by natural-larutan
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

必要ないけど必要なもの

必要のないものには手を出さない・・・
は・ず・で・し・た。

以前こちらにも書きましたが、
MYマンションには、
十分(過ぎる・・笑)収納がありますので
シェルフ類は必要ありません。

なのに、
買ってしまったのですよね〜。
しかも2台も!!
f0368322_22020573.jpeg
リビングダイニングの両側には、
窓もドアもない白い壁が2面あって
殺風景だなぁと思っていたのです。

たまたまデパートに展示されていた
このシェルフが目に留まり、
デザインにも惹かれましたが、
柔らかな木の質感が、
実に私好みだったのです。

その後、出店元のお店の方から、
このシェルフが、
「TRIANSUITE 四季島」をデザインした
奥山清行氏によるものだと伺い、
それが夫婦で「四季島」に乗車する
わずか1週間前のこと。

もう運命的な出会いに感じてしまって・・・。

無機質な壁に
木のぬくもりが加わり、
あ〜、やっぱりこの部屋には必要だったワ
等と、眺めながらニヤニヤしています。

で、こういうものがあると
やっぱり何かを飾りたくなるのですよね。

こんなものとか
f0368322_22245828.jpeg
こんなものを飾ると、
f0368322_22261809.jpg
ねっ、なんだかホテルの部屋にあるオブジェっぽいでしょ?





[PR]
# by natural-larutan | 2017-12-09 08:00 |   |-家具 | Comments(10)
MYマンションへの食器の運び込みの続きです。

前回のロイヤルコペンハーゲンは、大好きな食器ではありますが、

取り扱いに気を使うのと、料理によっては、ちょっと(イヤ、かなり)ゴチャゴチャ見えてしまいます。


その点こちらは料理を選びませんし、食洗機を使っても大丈夫。
f0368322_18522076.jpg
レノックスの「オータム」というシリーズです。

レノックスは、日本では、あまり馴染みがありませんよね。

ウェッジウッドと同じ頃に、経営破綻したとも聞きますが、

ホワイトハウスでも使われているアメリカのメーカーです。


独身時代に、アメリカに行くたびに、1セットずつ購入しました。
f0368322_18532203.jpg
こちらも日本では馴染みの薄いベルナルド・リモージュの製品で、

これも独身時代に、(なぜか)アメリカで購入しました。
f0368322_18553149.jpg
クリスマスの時期に、店頭にディスプレイされていて、大人可愛さに一目惚れしました。
f0368322_18584575.jpg
最近は、外食産業が発達し、新婚さんを含め、食器を揃える人が少ないそうです。

108円の食器で十分だと思う人も多いとか。


でもね、108円の食器だと、こんな風に、30年以上も愛情が薄れずに使うのって難しいですよね。

何回も何回も買い換えて、結局最後はぜ〜んぶ「断捨離」という可能性も。


時間とともにアンティークに・・・というのは無理にしても、

せめて自分の人生が終わるまでの間は、手元に置いて愛せるものというのが理想です。


[PR]
# by natural-larutan | 2017-12-02 08:00 |   |ー雑貨 | Comments(10)

“お気に入り”の洋食器

自宅から車で10分程の場所に
夫名義のセカンドハウスがあり、
以前は、夫の友人や仕事関係の方々を
食事にお招きしたりもしていました。

手作り料理でおもてなしだなんて、
今はもう、
気力的にも体力的にもムリ!

使うことがなくなった食器たちは、
一部を自宅に持ち帰ったりもしましたが、
今回、MYマンションにも、
二枚ずつくらいを運び出すことにしました。
f0368322_16044462.jpg
このコーヒーカップは、
姉が新婚旅行の時のお土産で、
北欧から買ってきてくれました。
f0368322_16061531.jpeg
それを契機に、
「フルレース」を集め始めました。
f0368322_16074287.jpg
まだ若かったので“大人買い”もできず、
f0368322_16083191.jpg
デパートで、
f0368322_16111752.jpg
一枚ずつ購入して
f0368322_16125574.jpg
揃えていきました。
f0368322_16141838.jpeg
「ブルーフラワー」も
青の美しさに魅かれて集めました。

ロイヤルコペンハーゲンも、
時代の流れとともに、
経営的にはいろいろあるようで、
2004年には工場をアジアに移し、
今では、本店で売られれているものでさえ
多くが、タイの職人さんによるものだとか。
f0368322_16163469.jpg
似たような白い器ですが、
バックスタンプを見ると、
f0368322_16172100.jpeg
上にはCOPENHAGENの文字の下に
DENMARKと入っていますが、
下には入っていません。
これがデンマーク製とタイ製の見分け方。

このスタンプからは、製造年も分かります。
f0368322_16191843.jpeg
これはROYALのRとOの上にドットがあり、
1985〜1991年の製造になります。
f0368322_16215187.jpeg
これはRとYの上にあるので1992〜1999年製。
f0368322_16202632.jpeg
RとAの上だと2000〜2004年製。

こうして見ると
時間をかけて揃えていったのだなぁと、
改めて感じます。

最近では、「ダブルレース」までもが、
タイで製造されているそうです。

今やデンマーク製は貴重品。
MYマンションでも、
大切に使って楽しみたいと思います。

[PR]
# by natural-larutan | 2017-11-25 08:00 |   |ー雑貨 | Comments(4)
週に一度のブログでしたが、
今日は嬉しいニュースが舞い込み、
号外!!です。

夫の唯一の趣味はゴルフ。
なもので、夫と一緒に行く旅行といえば、
ゴルフ絡みのハワイ、グアム、沖縄ばかり。

一方私は、
ホテルに住みたいと思うくらいのホテル好き。
オーシャンフロントのホテルで
ボ〜ッと海を眺めつつ
コーヒーを片手に本を読むのが最高の幸せ。

夫の仕事がひと段落してからは、
沖縄のテラス系のホテルと
ハワイのハレクラニに
毎年1回ずつゴルフ旅行に行くのを
夫婦二人とも(それぞれ違う目的で)
楽しみにしてきました。

今年は夫の体調の関係で、
3月にグアムに行ったきりでした。
でも、ようやく春から
夫がゴルフ復帰できそうだと言うので、
今朝、ホテルのサイトを開くと、

な、な、なんと、

2019年夏に、
沖縄の恩納村に、
「ハレクラニ沖縄」が誕生すると
書いてあるではないですか!!
f0368322_10031518.jpg
全室オーシャンビューで
f0368322_10355394.jpg
あのオーキッドプールもできるそうです。
f0368322_10373785.jpg
しかも温泉を利用した
ウェルネスプログラムがあるそうで、
勝手にテラスクラブのプログラムを
連想したりしています。
f0368322_10394368.jpg
三井不動産が手がけるそうで、
総支配人には、
ザ・リッツ・カールトン沖縄の総支配人をはじめ
ホテル業界に君臨してこられたベテラン、
吉江潤さんが就任なさるそうです。

恩納村といえば、
夫がセカンドハウスを買おうとしていたくらい
海の風景が美しい場所。

キャ〜!!あまりにも嬉しくて、
この先1年半、
これを人参に、仕事に頑張れそうです。









[PR]
# by natural-larutan | 2017-11-19 10:46 | 旅行 | Comments(6)

冬物購入

昨年は、ショートブーツが欲しかったのに
結局気に入ったものに出会えずに断念。
逆に今年は、心ときめくブーツが多すぎて、
選ぶのに苦労します。

スウェードのシンプルなベージュと
ちょっとアクセントのある黒の2足を
同じお店で購入しました。
f0368322_11482569.jpeg
こちらのブランドは、
重心のかかり方まで緻密に計算して
デザインされているのだそうで、
確かに歩いた時の安定感が違います。

作り手のこだわりも素敵ですが、
それを説明する店員さんの表情が
イキイキしていたのが印象的。

こちらの店員さんは、
商品の知識はもちろん、
気配り、目配り、会話力など、
接遇にもプロを感じさせます。

作り手さんから店員さんまで
すべてがつながってこそ
商品の価値が高まるのですね。

丁寧に作られた商品を
自信を持って勧めてくださっていると分かると、
大切に長く使わなくてはと思いますもの。



[PR]
# by natural-larutan | 2017-11-18 08:00 | 着るもの | Comments(4)
夫が用事で出かけたので、
留守を利用して、
“おひとり様”で、
ホテルステイをしてきました。

ここ最近、
いつにも増してストレスだらけ。

特に委託業者とのやりとりでは、
ブチギレ寸前・・・というか、
心の中では、完全にキレていました。

オーシャンフロントのプチホテル。
f0368322_16515069.jpeg
一人でボ〜ッと海を眺め、

f0368322_16370118.jpeg

シャンンパン片手に
夕陽を眺めて
ただただため息。
f0368322_16384392.jpg
瀟洒なレストランで、
カップルに囲まれながらも、
“おひとり様”で
しっかり7皿コースをいただき、
f0368322_16393739.jpeg

ええ、ええ、
ワインもいただいちゃいましたよ〜。
f0368322_16442875.jpg
部屋に戻って
ジャクジーバスにゆったり浸かり、
翌日はチェックアウトのギリギリまで
のんびり読書。
f0368322_16452517.jpg
さてさて、
エネルギーを補充したところで、
またまた
忍耐続きの神経消耗生活に戻りましょう。


[PR]
# by natural-larutan | 2017-11-11 08:00 | 旅行 | Comments(4)

無意識ながらの選択

部屋の雰囲気を左右する照明選び。
いろいろ迷った割には、
結局最後まで、
はっきりとしたイメージが
できないままでした。

照明の個性が強いと
部屋に圧迫感が出てしまうかなぁ・・・
リビングとダイニングは
同じデザインの方が落ち着くだろうなぁ・・・
ダイニングはペンダント型がいいかなぁ・・・

なんて思いながら探していると、
ウ〜ン・・・
消去法での選択になってしまいました。

で、選んだのがこちら。
リビング用と
f0368322_18010364.jpeg
ダイニング用です。
f0368322_18013397.jpeg
メーカーは分かりません。
大塚家具で購入しましたが、
イタリア製でハンドメイドだそうです。

特別なトキメキ感もなく決めてしまい、
届くまでは、
もう少しモダンなデザインが良かったかなぁ
等と思ったりもしていました。

ところが、実際に取り付けてもらうと、

ウン!これに決めてよかたワ!
f0368322_18054240.jpeg
素朴なアイアンの雰囲気とか
この花びらの形状とか、
かなり私好みだワ!!

たぶん私、
こういうちょっとクラシカルな雰囲気が
好きなのだと思います。

無意識ながらも、
自分が好きなものを選んでいたのですね。

[PR]
# by natural-larutan | 2017-11-04 08:00 |   |-電気製品 | Comments(4)

春までオ・ア・ズ・ケ

MYマンションには、テーブルは入れましたが、
まだ椅子がありません。

せっかくお気に入りのテーブルに
出会えたものですから、
椅子にもあまり妥協はしたくありません。

椅子とテーブルの高さの理想的な差は
《 座高 ÷ 3 − 2cm 》だと言います。

日本人の場合、
大体25cm〜30cmくらいの差が
理想だそうです。

となると、私のテーブルには、
座面の高さが最低でも
45〜6cmは欲しいところ。

座面の高い椅子って少ないうえ、
他にもちょっと「条件」があったりするものですから、
なかなか出会いがありません。

3ヶ月ほど探して、ようやくお店の方が、
理想ピッタリの椅子を見つけてくれました。

ただし、今から注文しても、届くのは、
な・な・なんと、来年の春になるそうです。

MYマンションには、
まだソフアも入っていません。
いくら住んでいないと言っても、
腰掛ける場所くらいは必要ですよね。

夫名義のセカンドハウスに、
使っていないスツールがあることを思い出し、
持ち込むことにしました。

それがこちら。
f0368322_22115852.jpeg

お持ちの方も多いと思います。
秋田木工のスツールです。
f0368322_22182077.jpg
軽いし、スタッキングができるし、
見た目もなかなかです。

テーブルには低すぎますが、
とりあえず春まで、
MYマンションに
くつろげる場所ができました!

ダイニングチェアが届いたら、
キッチンや洗面所に置いても良さそうですね。



[PR]
# by natural-larutan | 2017-10-28 08:00 |   |-家具 | Comments(4)

収納に悩む

「お片付け」ブームの影響でしょうね。
最近のマンションは、
収納スペースが充実しています。

MYマンションは1LDK。
1〜2人が住むのには
十分すぎるスペースが取られ、
しかもそれぞれに、
作り付けの棚だな何だのが備わっています。

ただ、これも良し悪しで、
設定されている様式が
自分の生活スタイルに合わないと、
却って悩みの原因になることも。

購入時には、
収納内部がどうなっているかなど
気にもとめていなかったのですよね。
図面ではわかりませんし。

図面では、
「シューズクローク」と書かれたスペースが、
まさかこうなっているとは!!
f0368322_08364793.jpeg
繰り返しますが、
1LDKのマンションです。

1マスに3足として・・・
エッ?イメルダ仕様?????
等と思うのは私だけではないはず。

ウ〜ン・・・
このスペース、どう使おうかしら。

キッチン背後には、オプションで、
「スタンダードタイプ」という
作り付けの食器棚をつけてもらいました。

すると引き出しには、
こんな仕切りがズラ〜と付いています。
(ちなみに流し側にも同様の仕切りが・・・)
f0368322_08414105.jpeg
ここまで仕切られるとねぇ。

そして引き出しの下は、
半分がお鍋などを置ける棚で、
残りの半分はゴミ箱スペース。

いくらスッキリするとは言っても、
ゴミ箱を食器棚に入れるという発想は、
私にはなかったのですよね〜。

確かに、生ごみは粉砕機があるし、
その他のゴミは玄関先で回収してくれるので、
衛生的にはOKかもしれません。

でも、やっぱり料理中は、
ポイポイ捨てられた方が楽ですよね。
料理しながらの手で扉を開け閉めするのも
ちょっと抵抗あるワ。

それに、
食器はどこに入れようかしら。
吊り戸棚には棚がたくさんあるけれども、
毎回背伸びしながら食器を出すの?
上の方には手が届かないワ。

ベッドルームの収納も然り・・・
洗面所の収納も・・・
脱衣所の収納も・・・
・・・・・

自分の好みの家具を揃えるのとは違って、
他の人が良いと思って設定した造りを
どうやって自分仕様にしていくか。

これからの大きな大きな課題です。



[PR]
# by natural-larutan | 2017-10-21 08:00 | 自分名義のマンション | Comments(4)

変わりゆく旅館

仕事に忙殺され、
旅とは無縁になっていた10年ほどの間に、
旅館のスタイルが大きく変わったと感じます。

少しオシャレな旅館では、
露天風呂付きの部屋は当たり前。

代々旅館業を営むようなお宿が減り、
大型リゾート会社の傘下に入った
同じような雰囲気の旅館が増えました。

ちょっと面白そうなお宿だなと思うと、
業種が異なる企業からの参入であったり、
外国の資本によるものだったりします。

国が観光立国を推進してますので、
旅館も
「世界のビジネス」の対象になるのでしょう。
これも時代の流れ。

そういえば、以前こちらで取り上げた
遠刈田温泉の竹泉荘も、香港資本でした。

TRAIN SUITE 四季島のツアーで
ニセコの坐忘林を訪れましたが、
こちらのオーナーさんはイギリス人。
f0368322_18584858.jpg
坐忘林は、
自然豊かな風景の中に佇む
f0368322_19265539.jpeg
リゾートホテルの要素がたっぷりの
素敵なお宿でした。
f0368322_19033223.jpg
全館わずか15室で、
f0368322_19324080.jpeg
すべての部屋が
70〜80㎡の独立した作りで、
f0368322_19160566.jpg
全室に、源泉掛け流しの
広い内風呂と露天風呂がありますので、
大浴場は最初から存在しません。
f0368322_19190987.jpg
お料理は、
洋のテイストが加わった和食で、
f0368322_19464827.jpg
和の雰囲気漂う不思議な器に、
絵画のように美しく盛り付けられ、
和食ならではの繊細な味付けです。
f0368322_19211758.jpg
五感のすべてを豊かにしてくれる
個性あふれるお宿でした。
f0368322_19245609.jpg
このような外国人の感性による、
外国資本のRYOKANが、
今後も増えていくのでしょうね。


[PR]
# by natural-larutan | 2017-10-14 08:00 | 旅行 | Comments(7)